« 2006年01月 | メイン | 2006年03月 »

2006年02月28日

もしもあの時

何の映画が好き?と聞かれると『マルホランド・ドライブ』と『天使のくれた時間』などと答えます。
前者は、全く意味が理解できないし恐いしでネットで他人の解析を調べたり。ナオミワッツが妖艶で切ない。
後者は、主人公のニコラスケイジがかつて恋人と分かれて今はビジネスで成功を収めセレブな日々を送っている。ある日恋人と別れなかったらの人生を体験することに。今までとは逆に貧乏生活になって最初は耐えられないし認めたくないけれど、やがて温かい愛に包まれた生活に幸せを感じはじめる。。。といった内容。
“もしもあの時”というのは人生でも何度か思う事で、私の場合もしもあの時、【王様のブランチ】の“姫様のコーナー”を観てなかったら、きっとゆきちゃんと出会えてなかっただろう。更に言うとこの私がお店をやったりはしていなかっただろう。
そう、ゆきちゃんとの出会いは代官山の一坪ショップででした。あのテレビを観てなぜか引き寄せられるように私も出店しなきゃと思ってしまい、その足で見に行き、既に出店していたゆきちゃんと話したのがきっかけでした。
人生って不思議。皆さんにも“もしもあの時”ってありますよね?

投稿者 tomo : 11:13 | コメント (2)

2006年02月27日

感じっこセレブ

先日、私の友達の中ではおそらくNo.1セレブ、“ソニー王子”に連れて行ってもらいました。
恵比寿のLUXISといういかにもなお店。
6z.jpg 4z.jpg 
↑何サメだろう?比較的小さいのが3匹ほど泳いでは寝てました。左のいっぱいぶらさがってるやつが鼻に見えてしかたなかった
5z.jpg 7z.jpg
料理を味わうというより雰囲気を味わうといったお店ですね。お手洗いの水槽にまで熱帯魚や海老が泳いでおりました。
ソニー王子、ごちそうさまでした!

投稿者 tomo : 00:23 | コメント (6)

2006年02月26日

おばはんの青春

今日、店の前に大きな声のおばはんが後から後から増えてきて、6、7人で狂喜乱舞。何なんだ?非常にうるさい
一人のパーマおばはんがメガネおばはんに「ここよ!ほらここ!見つけちゃった!」とアルバムを見せて低い声ながらもキャッキャキャッキャはしゃいでいる。
一斉に写真撮影が始まった。あまりに騒々しいのでアナザードアのアキラさんが窓を閉めてしまったぐらいです。
“店先なので迷惑です!”と言ってやりたかった。でも“何よ!うるさい店ね”みたいに逆切れされても恐いので押し殺しました。
推測するにきっと韓流スターがこの辺りで撮影でもしたのだろう。
はしゃぐおばはん達を見て人様に迷惑をかけるおばはんにだけはならないと誓ったのでした。
jaw.jpg←ショコラータの仲間入りをしたジャスミン。いい香り〜

投稿者 tomo : 03:33 | コメント (2)

2006年02月24日

美サイエンス☆その2

日々美白にこだわっている私にはビタミンが欠かせません。製造販売元の会社によって色んな種類がありますが、とくに違いは分かりません。
液体の方は毎朝会社で飲みます。
錠剤の方は飲み続けるとマイケルの如く白くなりますよ。
BB.jpg

投稿者 tomo : 10:33 | コメント (2)

2006年02月23日

スタイリストNATSUMIさん 《ニュース》

とっても可愛い宣材写真。スカーロリックとトモコジュエルプラスのアクセが使われています。
na01.jpg
na02.jpgna03.jpgna04.jpgna005.jpgna06.jpgna07.jpgna08.jpgna09.jpg
na10.jpg
na11.jpg na12.jpg na13.jpg
※このサイトで使用されている画像を無断で転載・引用しないでください。

投稿者 scarolick : 10:29 | コメント (2)

2006年02月22日

ユカギルマンモス

やっとやっとみることができました!念願の熱望のマンモス。地球博では断念した18000年程前に生きていたというそれは、北極圏に近いシベリアの永久凍土から見つかった頭部の皮膚と骨格がきれいに残っている貴重な代物なんだとか。
実は地球博の後、台場に帰ってくる情報は入ってきていて夏の間からこれを目当てにしていました。
本日はフジテレビで打ち合わせ(ガッチャピングッズデザイン打)があったので、その後営業さん達と神戸屋でランチをしました。FC04.jpg←大海老の何とかランチをガッツリ食べてもう大満足。パンのおかわり自由で焼きたてのパンが次から次へと運ばれてきます。中でも“神戸屋スペシャル”最高!!ほわほわのイースト菌が食べた途端するり〜となくなりお口の中が酵母パラダイス。

その後いよいよご対面。ガラスケースの中には見事な牙と頭部がのっしりと留まっておりました。思った程大きくはなく、耳が小さくて柔道の選手のタコができた耳のような形状、つむった目にはうっすらまつ毛があるように見えました。
内緒の話、大分冷凍が融けてきていてガラスの中は相当臭うらしいです。夏の間、豊橋へ行ってまた台場へ戻ってくるそうですが、冷凍状態が心配です。いにしえの生き物をこうやって目の前で見る事ができて、見たい見たいとは思っていましたが、何だか見てはならなかったようなそんな気すらしてきました。
FC03.jpg FC05.jpg
↑このコンテナで運ばれてきたそう。          ↑イラストがかわいい。
FC01.jpg FC02.jpg
↑フジテレビ18Fからのレインボーブリッジ      ↑と、観覧車
FC06.jpg←勿論偽物→FC07.jpg
本物は撮影禁止でした。ごめんなさい
帰りCXの外の壁で東京ダイナマイトがネタ合わせをしておりました。

投稿者 tomo : 14:29 | コメント (2)

2006年02月21日

ドS先生その後

私の担当はメガネ先生になりつつあるのですが、向えの席ではドS先生の診察が行われておりました。(1/30とももライブラリ参照)
2度ほど出くわしましたが、ええおっさん達をばっさばっさとキルわキルわ。やれ歯槽膿漏がひどすぎですだの、やれグラついてますのでこれ以上よくなる事はありませんので温存しても無駄ですだのおっさんタジタジの様子。
しかし、今日の帰り「お大事に!」と言うドSは笑っていた。女子が歯科を切り盛りし院長をやるって事はそれぐらい根性が座っていないとならないということか。きっとプロ意識の高い人なんだろう。ただ恐いだけではないという事が分かってちょっと安心しました。
おかげさまで今後は月1の検診だけでよくなりました。いつかそのうちきっと銀歯や詰め物を全部セラミックに変えますからと宣言してきたのでした。

投稿者 tomo : 00:12 | コメント (4)

2006年02月20日

山手線遅延

今朝、線路がおかしいだので、電車がこない。目黒駅から恵比寿駅は隣なのに反対側2個先の大崎まで行って、埼京線で恵比寿へ行けという。電車事故はよくあって、じゃあ振り替えを使うかと思って移動した途端、電車が動き出したりすることがよくあるのでしばらく待っていました。何となく反対の電車に乗り換えるタイミングを失っていたら、めちゃめちゃ冷えてきて肩から寒い。鼻水が出てきた。そろそろ限界だ。。。
目黒のホームから見える目の前を通り過ぎる埼京線の車内は人々がぎゅうぎゅう詰めになっている。あの電車に乗らねばならないのか。。。
初めての大崎経由恵比寿の道程は、もう少しで新木場行きに乗ってしまいそうになるし、低い場所を通るので東京タワーすら見えやしないし、冷えて寒気がするし、後ろのおっさんのカバンがずっと尻にあたってむかむかしただけでした。
東日本旅客鉄道株式会社さんよぉ〜線路とか壊さないでよ〜
tien.jpg

投稿者 tomo : 09:52 | コメント (2)

2006年02月19日

ぶたコレ

buta.jpg
生き物モチーフが大好きでいつのまにか増えてくる置物達。今回はぶたコレクション
roomsでも豚モチーフのアクセサリーが結構ありました。e.m.やFlea Storeでも豚を押してきてますね。
なので私は作りませんけど。

投稿者 tomo : 19:02 | コメント (0)

2006年02月18日

耐震強度偽装問題

姉歯だのヒューザーだの毎日毎日問題になってますが、震度4まで耐えられるかどうかとか正直ちょっとぼやけてみえてしまっています。といいますのも、私は阪神大震災の時、あの高速道路の上に居たから。11年前の1月17日早朝、夜行バスの中で私は眠っていました。
当時私は地元で一応大手企業の会社員でしたが、春から東京の学校に入学するため物件探しで上京していました。3,4日間の有給休暇だったと思います。学校の近くに家を探そうと思い、格安で泊まれる会社の施設(多分全国からの出張や、ディズニーランドに遊びに行く社員用)の高田馬場のマンションに泊まり込んで毎日品川まで通いました。
会社の東京事業所のロマンスグレーダンディズムのMさんは丸の内勤務の偉い人なのですが、蓼科の保養所に私の絵が飾られたのがきっかけで知り合い(Mさんは水墨画)、色々心配してくださって、女の子一人ではなめられるし、一人暮らしが初めてなので初日物件探しに付き合ってくれました。数件見て、この家賃でこの狭さかとか風呂とトイレは一緒かとか折りたたみベッドついてるけど、おりたたまないだろうとか散々悩み、その日は終わりました。次の日は1人で探しました。
また次の日何件か回った後、すごい物件に出会いました。庭付き一戸建て、6畳一間。。。え〜っ何これ!?サザエさんのエンディングやん。現代美術をやりに上京してくる私にはとても魅力的に感じました。元々大工だった大家さんの弟子達を住まわすための家に新品のユニットバスをくっつけて貸し出していたらしいです。もう一軒建つ程の庭にはイナバの物置も置いてあるし、江戸間の6畳はかなり広いし押し入れも一間天袋付きだしガスだし、もうここに決めました。
私は夜行バスの時間まで渋谷で映画を観て、今から帰ると実家に電話をし、バスに乗り込みました。
学費と一人暮らしに必要な電化製品一式と最初の家賃分を捻出するため、会社の後バイトの生活だったのと、この3日間でクタクタになっていたのと、やっと決まった安心感とで寝心地の悪いバスでも熟睡できました。
その時です。ガタンガタンガタンガタン!!! 何?カーテンを開けて外を見てみると、何と上りの高速道路が落ちてそこになかったのです。寝ぼけているし、薄暗いし、車内はガソリンくさいしで『あかん、ゴジラがきた』と思ってしまいました。関西ではほとんど地震がなかったのでそれと分かるまで1時間はかかったと思います。バスの中もざわざわしてきて運転手さんは無線で話しているようですが、乗客には状況が把握できません。しばらくしてテレビがつき、空も白々としてきて事実が明らかになりました。
運転手さんはやばいと思い西宮インターを降りて、下の道を走ることにしました。何なんだ?このガタガタの街は。周辺の家が傾いている。この判断がなかったらテレビでよくみた宙ぶらりんのバスのようになっていたかもしれませんし、もう少し遅かったら高速道路から降りれてませんでした。実家はどうなっているのか心配だし私は平気ということを伝えたいと思うのですがバスの中の電話は混線していて繋がりません。その当時まだ携帯を持っている人はバスに1人だけでした。貸してくれと思いながら配られた乾パンを食べていると、街の状態がどんどん見えてきて、煙が4カ所から上がっているまだ火事になる前の長田区を通ります。裸足で毛布に包まった人々が呆然と道端に座っていました。ゆっくりと進むバスから見下ろしていると時代や国が違って見え、映画のセットの中を観光しているような錯覚に陥りました。
その頃実家では焦った父親が、「うちの娘のバスは何色だ!あのテレビのバスなのか?」と何度もバス会社へ行ったそうです。昼頃には無地到着しました。
こんな経験をし、一番恐いのは揺れとかよりも、その後の人々の悲壮な姿でした。あれがまた関東であったらと思うと恐怖は想像を超えるでしょう。地震でも倒れない物件を建築して当たり前なのに奴らもう忘れてるよ。は〜むかっ腹立ってきますね。

投稿者 tomo : 09:24 | コメント (2)

2006年02月17日

志村の先生

今年もまたこの季節がやってきてしまいました。憂鬱な春。昔はなんだかウキウキする季節だったはずなのに。そう、私は花粉症です。何アレルギーか確かめてませんが、とにかく喉がかゆくてかゆくて気が狂いそうになるのです。今もうすでにちょっとかゆいのでこの先が思いやられます。鼻水も出るし、目もかゆくなるのですが、喉のかゆみの比ではないです。かゆいからといってかける場所ではないので気がおかしくなってきて、もう殺せ〜〜となってきます。

まだ自分が花粉症だと認めていない時、銀座の古〜い耳鼻科で診察を受けました。今時頭に丸い額帯鏡を斜めにはめたよぼよぼの“志村の先生”の薄暗い病院。まじ大丈夫か?ドリフにしか見えない。。。看護士に支えられて歩くような志村の先生に座って口を開けるよう言われ、いきなり長い棒の先端にヨードチンキを染込ませた脱脂綿ぐるぐる巻きで喉をぐいっとされ、思いっきりえずきました。涙ながらに、「先生私、えずきなんでそれ止めてください」と訴えると、「し〜ろうとがよ〜ぉ」と怒られ、もう一度棒を運ぼうとした瞬間肘掛けの私のセーターの上に茶色のヨードチンキがポトリ。。。えーっっ!?看護士さんは迅速に且つ必死で私のセーターの染み抜きをしています。『じじ〜っ。プロだろうがよ〜ぉ』私は内心プンプンでしたが、志村と戦わねばなりません。この“動物のお医者さんの漆原教授”のような理不尽さと老いて手元が震える志村の先生と。
検査結果もあったので仕方なく数回通いましたが全くかゆみはおさまらないし、いまいましい記憶が蘇ってくるので通院を止めました。
Gakutai.jpeg
今年こそはいい耳鼻科を探そう。喉にくる花粉症の方、どこかいい病院ご存知ないでしょうか?

投稿者 tomo : 00:23 | コメント (3)

2006年02月16日

サザエの五目おにぎり

6歳までは札幌市豊平区に住んでいました。関西弁なので驚かれますが。
【サザエのおはぎ】は今でこそ有名ですが、その当時はまだ無名で土曜日幼稚園の帰りに近所の“サザエ”に行って五目おにぎりを食べるのが楽しみでした。“サザエ”は何やさんだったのか今では忘れてしまいましたが、おにぎりやお弁当も扱う軽食屋のような感じで、カウンター席に座って食べるのが決まりでした。
“サザエ”の女社長の洋服のお直しを母親がしていた関係でお宅にお邪魔する機会がありました。出されたオレンジジュースにびっくり!なんと氷に綺麗なお花が閉じ込められているではないですか!コップに入ったオレンジとお花の紫と黄色が美しく忘れることができません。一瞬これ飲めるの?と思ってしまいましたが、ショックを受けた4,5歳の頃、こんな洒落たことをする“サザエ”の社長はただ者ではないと確信したのです。今では誰でも知ってる【サザエのおはぎ】十勝小豆を全国に広めたパイオニア、かどうかまでは知りませんがやっぱりねと思うのでした。

投稿者 tomo : 09:59 | コメント (4)

2006年02月15日

初めてのおつかい

【川崎】で思い出したことがいくつかあります。はじめてのおつかいは小1の川崎時代だったように思います。その当時メロンパンとミルクセーキが大好きだったのでいつも行き慣れている、忘れましたが“何とか商店”という小さなお店へ『一人で行く!』と張り切って出かけました。おぼろげではっきりしてませんが、川の砂利道みたいな足場の悪い所を下り、大きな道を渡ってバス停の前の“何とか商店”へたどり着き、いつものメロンパンとミルクセーキを買って、ちょっと誇らしげに家路へ向かおうとしたところ、何と電柱のかげからおかんがのぞいているではありませんか。ついてこないでと言ったのに!怒った怒った。一人で来たかったのに!ダンプカーが行き交う家の周辺は危ないと判断したのでしょう。心配した母親の尾行は敢えなく失敗に終わりました。
おやつと言ったら【オールレーズン】というセオリー時代もその頃だったように思います。毎日食べ過ぎたため一時期レーズン嫌いになりました。
給食当番の時は白い給食袋をランドセルにぶら下げます。なぜかその時はリップクリームを無線機にしてスパイごっこで家に帰ります。給食袋とリップは特殊任務のセットだったのでしょう。
同級生の高木さんの家が近所だったのでよく遊んでました。高木さんは上唇の上を舐めすぎていつも荒れていた女の子。雨の降った次の日、家のまわりを走り回っていると、庭に干してあったおばさんのベージュのブラジャーがドロッドロの赤い土の上に落ちてしまい、汚れてしまいました。焦った高木さんが地面と同じ色のドロッドロが流れてくるドブでじゃばじゃば洗い、同じところに干しておきました。余計なことをしてよれよれのそれを見て罪の意識に苛まれしばらくおばさんの顔が見れなかったな。
たまに父親が仕事に行くついでに学校まで車で連れてってくれた事がありましたが、父親は車の免許を持っておらず車もなかったので会社の人がいつもむかえに来てました。車に乗れるのは嬉しかったのですが、朝早すぎて用務員さんすら来ていなくて鍵も閉まってるし逆に迷惑でした。
熱を出すと必ず見る恐い夢の舞台もこの当時住んでいた柿生の家でした。黒いスーツとサングラスのギャング達が何人もで家に入ろうとしてきます。ピストルとか持ってて超恐いのですが、留守番をしている私は妹を守らねばと必死で家中の窓や玄関に鍵をかけるスリリングな夢。結構大人になるまでこれ見てましたね。あれ何だったんだろう。
イタい子供時代はまだまだ続きます。。。

投稿者 tomo : 01:53 | コメント (0)

2006年02月14日

いよいよ

人々の輪を広げるのはゆきちゃんに任せて甘えていたのですが、ショコラータ発展のため、わたくしめもmixiに参戦いたしました。よく分からない事の方が多いのですが、もし無礼があったらごめんなさい。悪気ないです。

今日でバレンタインイベント終わってしまいました。振り返ると寒くて疲れるし過酷だなと思ったこともありましたが、会場の後片付けを終え、なんだか清々しく、大分名残惜しいそんな川崎駅アゼリアの帰り道でした。色んな意味で勉強になった10日間でした。
スタッフの方々が密かに帰りに寄ってくださって、まとめ買いいただいたり、以前お店に来たことがあるとおっしゃる方がいらしたりでびっくり!インフォメーションの方にお客様から「代官山のお店はどこにあるの?」とお問い合わせが日に何件もあったそうで、それを聞いて嬉しさのあまり、さぶイボが立ちました。
cw03.jpg←チッタの“年下の兄貴”にアドバイスしてもらった通りディスプレイしたら後半かなり売れました!さすが
cw01.jpg←ライトアップされてロマンティック
cw02.jpg←入口のガラスに気付かず勢いよく顔面をうちつける人が後をたたないので勝手にチラシを貼りました。はがすの忘れてきました。

投稿者 tomo : 22:55 | コメント (2)

2006年02月13日

UFOのお父さん

小1の時、1年間だけ住んでいたことのある川崎は私にとってなんともノスタルジックな街。ですが、正直カルチャーショックを隠せません。なんとジャージ人口の高い街なのだろう。駅前にちゃりんこが並んでいる風景に地元が重なり、品川から電車でわずか10分で懐かしい気分になります。
駅のエスカレーター脇で普通に寝て(倒れて?)はる人、チョコの試食目当ての目がいっちゃってる人、「お前よー、お前よー」と大声で連呼している人。。。などなど人間ウォッチングでは退屈しません。20cmはあろうかという厚底のブーツを履いたビジュアル系の女の子達はメイクやファッションがパッと見恐いけど、話してみると純粋な娘だったり。
中でもサングラスにニット帽の“UFOのお父さん”はナイスキャラ。毎日5時頃現れるお馴染みの人なのでスタッフさんと仲良く挨拶を交わし館内を一周して再び1,2時間後戻ってきます。両手にいっぱいの戦利品の入った袋をさげて。そう、彼は向かえのゲーセンのUFOキャッチャーで何でもゲットしてくるプロなのです。時にはチョコパイ、時にはぬいぐるみ、時には駄菓子。それを見せにきてはスタッフ達に配っているのです。「お父さーん、真っすぐ帰りなよ!」なんて言われている姿はほのぼのとしてしまいます。先日「何かこの店気になるんだよな〜」とチョコを買ってくれました。糖尿なので自分では食べないらしいですが。
チッタのスタッフさんは本当にいい人ばかりで、見た事のない私達にも館内で出会えば挨拶してくれるし(普通のことかもしれませんがなかなかできない)売り場の準備や片付けを率先して手伝って下さったり、こんなに清々しい職場は初めてかもしれません。あと2日でお別れかと思うと名残惜しくてなりません。
yariikaw.jpg
“UFOのお父さん”からもらったヤリイカガーリック。硬すぎてアゴが疲れますが、美味しいです。ありがとう。あと二日頑張ります!

投稿者 tomo : 10:06 | コメント (2)

2006年02月10日

バレンタインイベント後半

4日から始まった川崎チッタのバレンタインイベントもいよいよ後半です。というか本番が近づいてきましたね。
遠いところ応援に来てくれた皆さん、ありがとうございます。おかげさまでカイロ貼りまくりであったかいです。
最近女子高生の間では“友チョコ”なる風習があるらしく、ショコラータのチョコはそんなおしゃれな女子にもピッタリ!
バレンタインのチョコレートはショコラータで是非!!1050円〜 2/14まで
ショコラータ店内でも販売いたします。

投稿者 scarolick : 09:46 | コメント (0)

2006年02月08日

ウイスキー&チョコレート

100円アイスがハーゲンダッツになる方法があります。そんなたいそうな事ではないのですが、ウイスキースプーン2杯ぐらいをスーパーカップのチョコ味に入れて混ぜるだけ。たったそれだけで香り高い高級な味に大変身するのです。バニラアイスだったらラム酒もいいかもしれません。ウイスキーとチョコのハーモニーは昔から大好きだったのですがボンボンだけはちょっと苦手。お酒は日本のウイスキーが好きで、特に山崎。柔らかい飲み口にはミルクチョコレートが合いますね。(スモーキーなボウモアにはビター、まろやかなマッカランにはナッツ入り、シェリーにはキャラメル系が合うらしい。。。ショコラティエのサントスさんが言ってた)組み合わせや相性がよいことをマリアージュというらしいです。
ウイスキーのつまみにはチョコが合うとずっと思っていたのですが、そんないかしたお店が青山にあるらしいです。ショコラバー「ラブソディー青山」今度マリアージュを味わいに行ってみよ〜♪

投稿者 tomo : 15:46 | コメント (2)

2006年02月07日

能天気な仲間達

アン、アン、アン、とっても大好き〜♪
dora.jpg
タオル屋さんからもらった伊予柑。ドラえもんは高橋作。ドラミちゃんは私作。左の銀の恐い顔はターミネーター。4cmのマスコットを作るらしい。脳天が開いてクッキーが入っていた。。。

投稿者 tomo : 16:49 | コメント (0)

ショコラータチョコレート

ch07.jpg ch08.jpg
黒の箱はネックレス、金の箱はリング、銀の箱はブローチになっています。
黒箱ネックはちょこのみで1050円。金箱リング、銀箱ブローチにはアクサリーをトッピングして3060円となっております。
ロールチョコはかなりの美味です!
ch05.jpg ch09.jpg

投稿者 scarolick : 00:54 | コメント (2)

いちごさんへ

udew.jpg
コメントありがとうございます。おかげさまでminiのショコラータではこのブレスがかなりの人気です。(長さ約22cm)
new.jpg(長さ約55cm)
いちごとチョコがお好きという事なので、かなりのおすすめです!

投稿者 tomo : 00:37 | コメント (0)

2006年02月04日

聖バレンティーノ祭

いよいよ始まりました!川崎チッタビバーチェ入口にて
ch01.jpg
大きな看板やポスターを作っていただいて痛み入ります。
ch02.jpg
ch03.jpg
今日は本当に寒くて厳しい1日でした。
14日までがんばります!

投稿者 scarolick : 15:10 | コメント (0)

2006年02月03日

オリジナルアクセサリーを一緒に作りませんか?

まだ具体的にはなっていないのですが、お店でお教室をやろうかという話が持ち上がっています。
まずは【彫金教室】彫金といいましても場所や道具の関係上、出来ることは限られるのですが、ロストワックスという技法なら世界でたった一つのオリジナルをお店でも作る事ができます。今までに少しでも興味を持ったことがあるけど、学校やカルチャースクールまで通うのはちょっと。。。という方、気軽に一緒に作ってみませんか?私の知りうる知識全開で伝授いたします。っていうほどたいしたことはできませんが。。。まずは興味があるという方はコメントなりメールなりいただけると嬉しいです。
(全く未定ですが、例えば1回3000円+材料費 月に2〜3回1日2、3時間とか?)
その次は【カラー診断】自分に似合う色やお化粧など意外と知らないものですよね。ゆき先生が優しくご指南いたします。詳細は後程

投稿者 tomo : 16:06 | コメント (1)

2006年02月01日

禁煙のすすめ

もう6年も前になるでしょうか?私も喫煙者でした。1日1箱ぐらいのペースで数年吸っていたのですが、ある日、これではいかん。毛穴が目立つし、歯にヤニがつくし、肺が痛いし、喉の調子も悪い。値段も上がったし、金ないのにご飯よりタバコを買うなんて時もありました。どうやってやめようか。散々考えた挙げ句、徐々にまずいタバコに切り替える作戦を思いつきました。最初はマルボロライト(ソフトボックスにこだわっていた)だったので、ニコチンもタールもそれより低い物に変えていきました。やっぱり物足りないと思いながらも、1日1箱から2日で1箱のように本数も減らし、最後は1mgの煙の立たないスリムなアイツに変えた時、『こんなまずいもん吸うくらいならやめてやるわっ!』とおさらばする事ができたのです。
今では匂いが気になって仕方ありません。歩きタバコの人には水鉄砲をかけてやろうかと思う程にまでなりました。
しかし今でもふと吸いたくなる時はありますが、結構ストイックな方なので吸いません。ニューヨークのフリマで買ったお気に入りのシガレットケースは今ではカードケースになっています。
casew.jpg
この方法おすすめですよ!

投稿者 tomo : 17:50 | コメント (0)

mini3月号掲載!!

毎度おなじみのminiでございます。ちょっと写真小さいですがスカーロリックのレースチョーカーは、レースをベロアに変えたり、ヘアゴムを通してコンチョにしたり、ボタンとしても使えます!自分だけの使い方で差をつけよう!!
378-2w.jpg(スカル約20mm×15mm)
白いショコラータネックとピアスは清楚で可愛いアイテムとなっております。ネックレス実は写真が左右逆になっています。
p10-p11w.jpg p12-p13w.jpg

投稿者 scarolick : 16:22 | コメント (0)